インプラント

  • HOME>
  • インプラント

見た目が自然・噛める・
健康な歯を削らないインプラント

天然歯同様の噛み心地が得られます

病気などで歯を失った時、その部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入して、人工歯(上部構造)の支えとするのがインプラント治療です。顎の骨にしっかり固定させるので、入れ歯のようにずれたり外れたり、硬いものが噛みにくいということがありません。見た目も自然で、口元の審美性を損なうことなく天然歯同様の噛み心地が得られます。

ブリッジ・入れ歯と何が違うのか?

ブリッジ・入れ歯と何が違うのか?

ブリッジ・入れ歯とインプラントを比較した場合、一番の特徴として「顎の骨に直接、人工歯根を埋入する」ことが挙げられます。ブリッジ・入れ歯のように他の歯を支えとして噛むのと、しっかり骨に固定させて土台がある状態で噛むのとでは、安定感がまるで違うと言えます。

インプラントには「見た目が自然」「健康な歯を削らなくて済む」などメリットがありますが、この「土台がある状態でものが噛める」という点こそが、患者様にとって最大のメリットであると考えています。

お口全体のことを考えて治療方法を選択します

お口全体のことを考えて治療方法を選択します

歯を失った時の治療方法としてブリッジ、入れ歯、インプラントがありますが、歯科医療の歴史的にみてインプラントは最後に登場した方法です。それは従来の治療方法に何かしら問題点があるから新しく登場したわけで、そういう意味においてインプラントはブリッジ・入れ歯の問題点を改良・改善した末に生まれた治療方法だと言えます。

ただ、いくらインプラントが優れた治療方法だとしても、お口の中の健康状態や噛み合わせなどを無視して治療しては、良好な口腔環境を作り上げることはできません。また、インプラント治療は「埋入したら終わり」ではなく、その後、定期メンテナンスに通っていただいて良好な状態を保たなくてはいけません。

このようにお口全体のことを考えて治療方法を選択し、患者様にもよく治療内容を理解していただくことが、インプラント治療の成功のカギだと考えています。

インプラントのメリット・デメリットは?

インプラントのメリット

  • 天然歯同様の噛み心地が得られる
  • 見た目が自然
  • 発音・発声への影響が少ない
  • 食事が美味しく味わえる
  • 健康な歯を削る必要がない
  • ブリッジ・入れ歯のようにまわりの歯に負担がかからない
  • ものを噛んだ時に刺激が伝わるので、顎の骨が痩せにくい

インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要
  • 保険適用外なので費用がかかる
  • 治療期間が長い
  • 骨の量が足りない場合、再生療法などの専門的な治療が必要になる

当院のインプラント治療の特徴は?

インプラント治療の相談を承ります

インプラント治療の相談無料

当院のインプラント治療のご相談を承っています。「インプラントとはどんな治療?」「手術は安全なの?」「メリット・デメリットは?」「費用や期間の目安は?」など、皆様の疑問や不安にしっかりお応えします。

30年以上の歴史・豊富な症例数

30年以上の歴史・豊富な症例数

心斎橋・長堀橋のおのだ歯科医院は、インプラントが出始めた当初から治療を行っていて、30年以上の歴史と豊富な症例数を持っています。また口腔外科出身の歯科医師もおりますので、外科手術が不安な方にも安心してお任せいただけると思います。

歯科用CTによる精密診断

歯科用CTによる精密診断

インプラント治療を行う前には、全身検査や骨密度検査などを行って安全に治療が行えるかよく確認したり、歯科用CTで歯や顎の骨の状態などを詳細に把握したりするなど、精密な診断を心がけています。

インプラント治療に際して、「外科手術が不安」という方もおられるでしょうが、こうして事前にきちんと診査・診断すれば、大きなトラブルはほとんど起こらないと言えます。

「ガイデッドサージェリー」で安全な埋入をサポート

歯科用CTなどで得た情報をコンピュータ上で組み合わせて、インプラント体をどの位置に、どのような角度で埋入するかをシミュレーションいたします。そのシミュレーション通りに確実に埋入するための器具が「ガイデッドサージェリー」で、このテンプレートを使って数ミリのズレもない安全・確実な埋入を実現させます。

骨の量が足りないケースでも「再生療法」で対応可能

顎の骨の量が不足していると、安全にインプラント体が埋入できないことがあります。そうしたケースでも、当院では「再生療法」により対応することが可能です。

再生療法とは不足している骨を増やすもので、「GBR」「ソケットリフト」「サイナスリフト」などの方法があります。これらの方法により骨造成を行うことで、安全かつ良好な結果が期待できるインプラント治療が可能となります。

患者様の負担軽減に繋がる「CGF」

当院では再生療法の一種として、「CGF」と呼ばれる方法にも対応しています。これは、患者様から採血した血液を遠心分離機にかけて「フィブリン」と呼ばれるゲル状の物質を生成し、これを患部に注入することで組織の再生をはかる方法です。添加物を使用せず、完全自己血液由来なので生体親和性が高く、アレルギーや感染のリスクがほとんどありません。また治療後の痛みの軽減や治癒の促進など、患者様の負担軽減にも繋がります。

「安全なインプラント手術」の
ための取り組みは?

安心して手術が受けられる「静脈内鎮静法」

インプラント手術に対する恐怖心が強い方には、静脈内鎮静法を実施して治療することが可能です。点滴を使って血管に鎮静薬を注入することで、ほとんど眠っているのと同じような状態で治療が受けられるようになります。麻酔科で経験を積んだ歯科医師が、安全性に配慮して実施いたします。

インプラントオペ室を設置

インプラントオペ室を設置

インプラント手術の成功率を高めるうえで、徹底した衛生管理は欠かせません。当院では手術中の感染を防止して、常にクリーンな状態で治療が行えるように「インプラントオペ室」を設置して、安全な治療がご提供できる環境を整えています。

インプラント手術は「怖い手術」ではありません

外科治療を受けるのは不安で、インプラント治療をためらわれている方もおられるでしょう。ですが、歯科用CTによる事前診断などをきちんと行えば、インプラント手術は「基本的には安全」と言えます。

ただ、手術の難易度が上がれば上がるほど、術後に腫れる確率は高くなります。そうしたことは事前に全部お話しいたしますので、そのうえでインプラント治療をご選択になるか、それとも別の方法を選ばれるかご相談させていただければと思います。

ですが、それほど難易度が高くないケースでは、簡単に治療が行えて、痛み・腫れがまったくないことも少なくありません。そして難易度が高いケースでも、事前の診査・診断をきっちり行っていれば、大きなトラブルはほとんど起こらないと言えます。術後の腫れにつきましても、腫れ止めのお薬を手術中に点滴から注入したり、術後に処方したりすることで対応いたします。

あとは手術を実施する歯科医師のテクニックが重要で、雑に処置するとそれだけ痛み・腫れのリスクは高くなると言えます。当院ではこれまで30年以上、継続してインプラント治療を行ってきた豊富な経験と、高い技術力を駆使して安全かつ負担の少ない手術を心がけています。

インプラント治療の料金

※価格は税抜表示です
※5年間の保証付き
※デンタルローン・クレジット対応可能
※再生療法などを行う場合、別途費用が必要

歯1本あたり(奥歯)

350,000円

歯1本あたり(前歯)

400,000円

06-6262-2566

メール問い合わせ